2011年9月22日 (木)

御無沙汰なギター。

一郎さんのブログ。
一番右はマリーケイかなぁ?
白&メイプルにゴールドパーツがセクスィ~ですね。
ライヴでは相当御無沙汰です。

そういえば、もうカニさんはドナドナされたのかなぁ。
光浩さんと色違いのやつ。
どっちが白で黒でっていうのは忘れちゃいましたけど。
MCでは、カニさんを思うと腰が痛くなるとか云ってましたねぇ。
懐かしい。(笑)
そりゃ、重いわなぁ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

もう4年前?!

いやぁ、もう、単なるつぶやきですけど、フジゲンのICHIRO MODELって、もう4年前なんですね。
なんか、ちょっと驚き!
・・・ちゅうか、脳細胞の減少を心配しろよ。(<自分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

五週六夜。

公演の順序は前後しますが、かつて一郎少年が憧れた曲からバンド時代、ソロ時代、そして他のミュージシャンと反応し続ける今の一郎さんをひととおり体感できたライヴ週間でした。

ドーンと胸を突かれたような気分で帰路につくこともあれば、楽しさだけでいっぱいのときも。
なんだか、正真正銘、生で一郎さんのクロニクルを楽しませてもらったような気がします。
長い長い旅の途中なんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

with Maco ナイト。

今日はちょいと泣かせる感じのフレーズありーの、大人のロック!

上綱さんに絡む神のギターを見ると、しばしのタイムトリップ。
ステラのギターソロが印象的でした。シビレた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

残暑お見舞い梅島。

なんだか、派手さすら感じるアコギの音。
MOONのイントロが印象的。
説得力のようなものを感じます。

そして、高さんの3曲と大嫁の歌声も良かった。
何やら詞を作ってくれたという、嬉しいプレゼント。
ワンマンで聴きたいなぁ、もっと。

大満足で帰路に着きます。
また来週〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

愛し合ってるかい?

「愛し合ってるかい?」
昨夜、恵比寿でのライヴにて、一郎さんが放った言葉です。
「仲良くやったり、言い合ったりした仲だけど、この言葉は言い伝えないといけないと思う」と。

そして今日、ダライラマがこんなツイートを流しました。
愛とは一言で言い表すことが出来るのだ。「他人を傷つけるな」

昨夜はなんだか畳み掛けられるかのような感覚だったので、実のところ、あまりMCの記憶がないのです。
しかし、これだけは僕の記憶にしっかりと残っていました。

世情を鑑みて、人間として、本能的に吐き出された言葉なのかもしれませんねぇ。
僕はこんなエネルギーを吸収したく、これからも会場へ足を運びたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

Guitar kids are alright 2011。

Guitar kids are alright 2011。
圧巻!!
怒涛とはこのことだ!

キャン!と鳴かせたテレキャスターがたまらん〜。
尖りっぷりにシビレっぱなしでした。
今日のFNYのギリギリ感というか、スレスレ感は、春の東名阪ツアーの演奏を軽く越えていました。
最高!

そして、本日、恵比寿に神のギターが降臨されました。
ありがたや、ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

ミカウバー(もどき)。

なにやら、リハに登用されているような・・・。

Kさんの飛天ライヴの頃でしたっけ・・・。
ミカウバーはレコーディングにはよく使っていたけど、表舞台に出すのは稀だとおっしゃってましたよね。
今週末は登板しそうですねぇ。
テレならではの暴れっぷりに期待です!
本物と違って、一郎さんのやつは三連サドル。
テレは断然!三連サドルを支持!

鳴りの枯れっぷりといえば、最近だとラージヘッドの白のストラトですが、やっぱりテレとは趣きが違うと思います。
ラフさがいいなぁ、テレは。
かっこいいっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

恵比寿連荘。

土日でサポートとバンド。
一郎さんは同じギターを登板させましたが、全く違う音を奏でていました。
歪みが大きかったのはLe2バンド。
でも、それで派手さとか、力強さがどうというのは、ちょっと難しい。
なんともいえない、動的、静的力強さという言葉でもピッタリではないのだろうけど、ちょいとベクトルが違うものが楽しめました。
求められる音と提案する音の結論、歌い手に合わせた結晶だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

うっちゃん、いっちゃん、ありやまん。

異次元の人との遭遇!(笑)
憂歌団(正確には木村はんかなぁ)を超えました。(笑)
「地球が危ない」にハマってしまった。

アコギといっても、本当にそれぞれ個性的な音で奏でてくれました。
内海さんのギターはトロピカル系の音。
まぁ、トロピカルというほど南下はせず、やっぱり近場の海辺かなぁ。
デッキシューズとよく合った音。

有山さんのギターはリバーヴかなぁ?
個人的には80年代を思い出すような、懐かしい音。
結構、都会的な音に感じる。
あ、街のヨッパの音だ!(笑)

三人の中では、エフェクトが一番薄いのが一郎さん。
やっぱり、かっこいいっす!
ソロがかっこよくなった、「EXIT16」。
やさしいタッチで演った、「さらば相棒」。
実のところ、一曲目ですでに感動してしまいました。(笑)

しかしまぁ、セッションのスレスレ感がかっこいいですね!
シビレマス!
ベシャリがグダグダでも、音を出したらキマルんだもんなぁ。
次を楽しみにしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧