« Photo of the day;20120828。 | トップページ | Photo of the day;20120830。 »

2012年8月29日 (水)

Photo of the day;20120829。

線引き・書き込みがある本は可能な限り消して売りに出す。
消せないものは安価に売る。
・・・というのが一般的な売り方。

でもなぁ、こういうのも一括りに「傷んだ本」というのはちょっと悲しい気がする。
手荒く扱われた結果に傷んだ本と一緒というのは納得がいかん。
そもそも、本を粗末に扱うような人が線引き等をするとは思わないから。
文字が塗りつぶされているようなケースはダメだと思いますけど、読解が邪魔されないならそれも味だと思うときがあるんです。
変ですかねぇ?
P10204431


|

« Photo of the day;20120828。 | トップページ | Photo of the day;20120830。 »

コメント

そういうの、ありますよねえ。
私、だいぶ前に「荒馬のように」を古本屋で見つけたんですが
いっぱい赤線引いたり、欄外に甲斐さんのインタビューとか何かで拾ったような書き込みがたくさんあったんだけど、本当に大切に読み込んだ本って感じだったんですね。
こんなに大事にしていた本が、どうしてこんなところに…などとも思いましたが、ずっとその本を読みたがっていた甲斐友さんに「こういう本なので…イヤじゃなかったら」と声をかけたら「そういうのっていいねえ!」って、大喜びで引き取ってくれましたよ。

こういう場合、絶対にダメなのは推理小説の途中に書き込まれている「犯人の名前」とか…(爆)

投稿: ひろこ | 2012年8月29日 (水) 19:40

読み手の感性が残っている本、感じられる本は大切にされていたんだなぁと思います。
以前仕入れた本で書き込みがたくさんある一冊がありまして、それにはいちいち肯定否定が記されていました。
「そうそう」とか「わしなら、コウコウシカジカカクカク思う」みたいなことを沢山書き込まれていたのです。
それはエンピツ書きだったので消そうと思えば容易に消すことができたのですが、あまりに味を感じたので「書き込み多数。しかし味ある書き込みなので、あえて消さずに出品致します。」と記して売りに出しました。
結果、売れていきました。
苦情は受けなかったので、それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。

しかし、最後の一行の件はダメですねぇ。
それは迷惑行為そのものであります!(笑)

投稿: shige | 2012年8月29日 (水) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Photo of the day;20120829。:

« Photo of the day;20120828。 | トップページ | Photo of the day;20120830。 »